M's コラム
  1. マンション・不動産管理会社HOME
  2. オーナー様へ
  3. サブリース
  4. サブリース物件の管理は何部屋から?

サブリース物件の管理は何部屋から?

2018.08.24

カテゴリ:

サブリース

基本的には1部屋(1戸)からでもできます!

サブリースは一括借上、家賃保証が特徴の不動産経営の形態の1つです。主な管理は管理会社が行うため、所有者自身で行う事は殆どありません。イメージとしてはサブリースは一棟丸々委託するというイメージが強いと思いますが、中にはマンションの1室だけをサブリースしている方もいるようです。

こうした方の事情は様々で、本来そこに住むはずだったのに、転勤などの都合でそのマンションから離れざるを得ない状況となり、売却よりもサブリースによる賃貸経営を考えた方も居ますし、純粋なサブリース目的でマンションを購入して任せておくということもあるでしょう。サブリース目的でマンションを購入することは、マンション一棟、アパート一棟を作るよりも安価に不動産経営を始めることが出来ますし、気軽な副業感覚で行う方が多いようです。

副業としてのサブリース

賃貸経営というのは、一見すると自分は何もせず、入居者さえ居ればお金が勝手に入ってくる楽な商売だと、他の職業に比べると、不労所得に近いイメージを持たれる方も多いようですが、実際には様々な事を行う必要があります。

まず、借主との賃貸契約。これは正式に契約をせず、いわば「なあなあ」で貸すことも可能ですが、その場合は退去時の原状回復範囲の設定や、家賃滞納時の対応、禁止事項の設定も有耶無耶になり、契約を結んでいないことが仇となって貸主に全ての責任が降りかかってくることが考えられます。

もう一つ、自分がオーナーである賃貸住宅なのですから、管理についても自分で行う必要があります。簡単なところでは掃除や、通路の蛍光灯交換などですが、更に住人同士のトラブル仲裁、家賃滞納者への対応、更には建物自体の大規模な修繕や設備更新となると、とてもではありませんが個人で対応をすることは難しいと思います。

これらを一括して依頼できるのが、不動産業者とサブリース契約を結ぶことです。 サブリース契約を結べば、仲介手数料は掛かるものの、自分は一切手を触れず、賃貸収入を得ることができます。 新築時にサブリース契約を結ぶ場合が多いですが、場合によっては途中からサブリース契約を結ぶことが可能です。 このサブリース契約が良い点は、万が一入居者がいない場合でも、家賃保証をしてもらえるという点にあります。 より安定した副業としてのサブリースを、一度ご検討されてはいかがでしょうか。

管理会社に「サブリース」として契約する意味。
そのメリットとは。

「手間を省く」ということ。

不動産会社に管理をお願いするということは、それだけ手間を省けることになります。どんな賃貸でもそうですが、家を貸すというのは、それなりに詳しい知識を要することになるからです。詳しい知識がないと、いざという時適切にトラブルを回避することが難しくなる可能性もあります。このような事態を避ける為にも、サブリースは便利なサービスといえます。

オーナー様の気持ちのわかる弊社だからこその強み。

弊社も「サブリース」契約を結んでいる以上、オーナー様のお気持ちがよくわかります。

まずは全社員でお掃除&物件の巡回を行う「物件を愛すのだ」。何か異変がないか、ガラスが割れてないか、共用部はキレイか、リフォーム業者のクリーニングアップの具合まで必ずチェックし、変わったところがないか、全社員で報告し、確認し合い、写真撮影も行います。全てはオーナー様とお部屋を借りるお客様の為に、尽力したいと思っております。まずは査定から、お気軽にお電話をお待ちしております。

関連する記事