M's コラム

滞納保証の費用・相場

2018.07.26

カテゴリ:

滞納保証

賃貸経営における滞納保証とは管理料を支払うことにより、家賃の集金や滞納家賃の督促、苦情対応、入居者退去後の次の入居者の募集、内装工事の手配や設備故障の修理対応などを管理会社にまかせることができる管理システムです。滞納賃料についても不動産管理会社が立て替えてオーナー様にお支払いする為滞納の心配がありません。

オーナー様自身が直接これらの業務を遂行するという選択肢もないわけではありません。しかし入居者の募集がうまくいかず空室が目立つようになったり、クレーム対応などが不適切で他の入居者様の不満を招いたりと、不動産経営がうまく立ち行かなくなってしまう可能性もあります。

上記のようなリスクを回避するうえで効果的なのが、管理会社に物件の賃貸管理を委託するという滞納保証での管理です。

手数料の相場ですが、現在、賃貸管理の委託にかかる手数料は滞納保証の場合、賃料の5%が相場となっています。

管理にかかる手数料は、【家賃×○%】という計算式で算出されるのが一般的です。

たとえば、毎月の家賃が10万円で管理会社との間で手数料は家賃の5%という取り決めが行われた場合、月々の管理手数料は10万円×5%(税別)で算出される5,000円(税別)ということになります。

つまり、賃貸管理の手数料は、家賃が高ければ高いほど、パーセンテージが大きければ大きいほど高くなるということになります。

但し、安ければいいというものではないと思います。格安で管理を行うような管理会社もございますが、不動産管理費は「節約対象としない」ほうがよいと思います。

「適正な利益があればこそ、安定した適正な管理サービスが提供できる」そう考えております。

滞納保証での最大のメリットは収益性です。入居率の高い物件であれば効率よく管理が出来且つ高い収益性を見込むことができます。しかし、入居率が維持できないと収入が不安定になってしまいます。

物件の管理会社にあたる弊社では入居率の維持につながるよう、入居者様の賃貸借契約更新時にエアコン・トイレ・お風呂・キッチンなどの水周りの清掃を無料で提供させて頂いております。

また少しでも空室の期間をつくらないよう、入居者様から解約のご連絡を頂いたらすぐに次の入居者様の募集に入ります。更に、入居者様の実際の退去後に行う原状回復工事・ルームクリーニングにおいても、最短の日程で仕上げるようなシステムを構築しております。大切な資産である物件の効率の良い運用のお手伝いをさせて頂いております。

 

関連する記事